メインメニュー
水文・水資源学会について
東日本大震災関連情報
このたびの大震災によって被災された東日本の皆様に心よりお見舞い申し上げます.

【水文・水資源学会の対応】
1.東日本大震災対応特設ホームページ: http://dbx.cr.chiba-u.jp/JSHWR/
新着リンク
水文・水資源学会2016年度総会・研究発表会のご案内
2016年度の総会・研究発表会が下記要領で開催されます.
多数の参加をお願い申し上げます.

■ 開催日時: 2016年9月15日(木)〜9月17日(土)
■ 開催場所: コラッセふくしま (福島駅前)
■ 大会ウェブサイト: http://kaigan.civil.tohoku.ac.jp/jshwr2016/
2016年度水文・水資源学会研究グループの募集
学会をより活性化させるための方策のひとつとして,研究調整委員会では研究グループ活動の支援を行っています.2000年5月9日版の「水文・水資源学会研究グループ支援策」(学会誌第29巻2号の会告(p.147)に再掲しています)に基づき,2016年度の研究グループの募集をいたします.下記の日程で募集し,9月の総会で審議される次年度の予算案にむけて開催する研究調整委員会で審議・検討を行う予定です.なお,申請にあたっては,上記の「支援策」をご参照ください.

■ 締め切り: 2016年5月31日(火)
■ 申請先 : 研究調整委員会委員長 中川 啓 宛に,申請書PDFファイルをEメールに添付して送信してください.ここをクリックすると直接送信できます.
■ 申請書式: ここをクリックして申請書式をダウンロードして申請してください.継続の場合も同様に申請してください.
■ 参 考 : 詳しくは,学会誌第29巻2号(2016年3月号)の会告(p.146)をご覧ください.
■ 問い合わせ先:研究調整委員会委員長 中川 啓(長崎大学 大学院 水産・環境科学総合研究科)
水文・水資源学会2015年度総会・研究発表会のご案内(2015/9/11終了)
2015年度の総会・研究発表会が下記要領で開催されました

■ 開催日時: 2015年9月9日(水)〜9月11日(金)
■ 開催場所: 首都大学東京 南大沢キャンパス 11号館
         (〒192-0397 東京都八王子市南大沢1-1)
■ 大会ウェブサイト: http://www.comp.tmu.ac.jp/jshwrtmu/
ニュース投稿の方法
当サイトの登録ユーザーはだれでもニュースを投稿できます。投稿されたニュースはサイト管理者の承認を経て掲載されます。研究会の開催告知、各種の募集案内等に是非ご利用ください。
ユーザー登録をまだされていない方は、まず、当サイトホームページ右上の「登録者入口」をクリックし、ログイン画面の下の「今すぐ登録」を押して登録してください。この登録申請に対して管理者が承認することになっているので、メールアドレスは所属機関のものをお使いください。架空のアドレスによる不正登録を防ぐためにご協力をお願いします。
なお、「登録者入口」をクリックしたあとに、セキュリティに関する警告が出ますが、問題ないのでそのまま進んでください。
「福島第一原発における凍土遮水壁設置にかかわる意見書」
「福島第一原発における凍土遮水壁設置にかかわる意見書」が水文・水資源学会会長あて届きました。
放射性物質の地下水汚染に関する対策にはさまざまな見解があり得ますが、一時的な対策を超えた恒久的な対策が必要であると考えており、陸水学会からの意見書 「福島第一原発における凍土遮水壁設置にかかわる意見書」 をホームページに掲載させていただきたいと存じます。
電子投稿・審査システムの変更に関するお知らせ
水文・水資源学会誌への投稿・査読にご利用いただいている電子投稿システムが2011年9月27日より、新しいバージョン(J-STAGE3)に切り替わります。これにより
  • 2011年9月27日以降の新規論文投稿、審査は J-STAGE3
  • 2011年9月26日以前に投稿された論文の修正・審査は引き続きJ-STAGE2
上で、それぞれ行っていただくことになります。いずれのシステムにも、本WEBページの右側メニュー「水文・水資源学会誌」の欄の「電子投稿システム」クリックして、その先の説明にしたがってアクセスして下さい。

編集出版委員会
日本地球惑星科学連合(JPGU)への会員登録のお願い
日本地球惑星科学連合 (Japan Geoscience Union, JPGU) が一般社団法人として動き出しました。水文・水資源学会は2008年度、法人として JPGU に団体会員として参加し、「大気海洋・環境科学セクション」の一員となっています。JPGU の議決機関である社員総会は JPGU のメンバーである団体会員の学協会(水文・水資源学会も含まれる)と個人会員から選ばれる代議員から構成されています。2011年10月28日が代議員選挙の投票締め切りとなっています。ぜひ、それまでに会員登録をお済ませいただき、代議員選挙に投票いただきますようお願いいたします。 JpGU の設立経緯や本学会との関連は学会誌 22(4), pp. 328-331, 2009 を参照ください。

総務委員長 窪田順平
全般 : 気候変動に適応する治水方策に関するワークショップ
投稿者: lu 投稿日時: 2013-2-8 17:03:00 (1399 ヒット)

地球温暖化に伴う気候変動の影響予測研究は、近年、着実に進展し続け、将来の豪雨の増大は以前よりはるかに詳細に予測できるようになりました。こ の状況を踏まえ、国土交通省社会整備審議会は、平成20年6月の「水災害分野における地球温暖化に伴う気候変化への適応策のあり方について(答申)」において、適応策の考え方を示しています。国土技術政策総合研究所(国総研)は、この考えに沿って、実務面での適応策の計画を可能とする諸 施策の研究を継続してきました。本ワークショップでは、気候変動に伴う豪雨増大への適応に焦点を絞り、気候変動適応策を気候変動予測の範疇にとど
めず、河川技術のレベル(河川・流域の現場での技術)につなげることの重要性の認識を共有し、河川技術の研究者・技術者がどのように活躍しなけれ ばならないか、気候変動適応が“別途”あるのではなく、蓄積されてきた治水とその技術に立脚して展開されるべきものであることの認識を共有し、机上の議論ではなく、現場で展開されてきた施策の実績と課題を踏まえた技術政策議論をどう展開するか、多方面で進んでいる研究を踏まえ、政策に資す る適応策を生み出す研究が進む全体状況にどう貢献できるかについて議論します。

1. 主催:国土交通省国土技術政策総合研究所
2. 日時:平成25年3月12日(火)13:30-17:30(受付13:00より)
3. 場所:TKP東京八重洲カンファレンスセンター ホール5B(東京都中央区京
橋2-3-19、TKP八重洲ビル TEL. 03-6202-6100)
4. プログラム
開会・趣旨説明 国土技術政策総合研究所
基調講演
気候変動災害に対する適応技術の考え方 福岡捷二(中央大学研究開発機構教授)
気候変動影響評価研究の進展      中北英一(京都大学防災研究所教授)
国総研適応策研究中間報告
討論
 基調講演者2名、下記コメンテーター3名、及び国総研による討論
 渡邊康玄(北見工業大学教授)
 角哲也(京都大学防災研究所教授)
 二瓶泰雄(東京理科大学准教授)
閉会
(プログラムは変更になる場合があります)
5. 定員:200名
6. 参加料:無料
7. 参加申込み方法:下記メールアドレスに氏名と所属を記入したメールを送付
してください。
         kikou-ws@nilim.go.jp
8. 問合せ先:国土技術政策総合研究所河川研究部気候変動研究チーム 菊森
(Tel.029-864-3052)

印刷用ページ このニュースを友達に送る
投稿された内容の著作権はコメントの投稿者に帰属します。
English
登録者入口
マイページ
検索
学会の各委員会
若手会
水文・水資源学会誌
オンライン学会誌
Hydrological Research Letters
承認待ちコンテンツ
copyright (c) 2005 水文・水資源学会ホームページ All rights reserved.