メインメニュー
水文・水資源学会について
東日本大震災関連情報
このたびの大震災によって被災された東日本の皆様に心よりお見舞い申し上げます.

【水文・水資源学会の対応】
1.東日本大震災対応特設ホームページ: http://dbx.cr.chiba-u.jp/JSHWR/
新着リンク
水文・水資源学会2016年度総会・研究発表会のご案内
2016年度の総会・研究発表会が下記要領で開催されます.
多数の参加をお願い申し上げます.

■ 開催日時: 2016年9月15日(木)〜9月17日(土)
■ 開催場所: コラッセふくしま (福島駅前)
■ 大会ウェブサイト: http://kaigan.civil.tohoku.ac.jp/jshwr2016/
2016年度水文・水資源学会研究グループの募集
学会をより活性化させるための方策のひとつとして,研究調整委員会では研究グループ活動の支援を行っています.2000年5月9日版の「水文・水資源学会研究グループ支援策」(学会誌第29巻2号の会告(p.147)に再掲しています)に基づき,2016年度の研究グループの募集をいたします.下記の日程で募集し,9月の総会で審議される次年度の予算案にむけて開催する研究調整委員会で審議・検討を行う予定です.なお,申請にあたっては,上記の「支援策」をご参照ください.

■ 締め切り: 2016年5月31日(火)
■ 申請先 : 研究調整委員会委員長 中川 啓 宛に,申請書PDFファイルをEメールに添付して送信してください.ここをクリックすると直接送信できます.
■ 申請書式: ここをクリックして申請書式をダウンロードして申請してください.継続の場合も同様に申請してください.
■ 参 考 : 詳しくは,学会誌第29巻2号(2016年3月号)の会告(p.146)をご覧ください.
■ 問い合わせ先:研究調整委員会委員長 中川 啓(長崎大学 大学院 水産・環境科学総合研究科)
水文・水資源学会2015年度総会・研究発表会のご案内(2015/9/11終了)
2015年度の総会・研究発表会が下記要領で開催されました

■ 開催日時: 2015年9月9日(水)〜9月11日(金)
■ 開催場所: 首都大学東京 南大沢キャンパス 11号館
         (〒192-0397 東京都八王子市南大沢1-1)
■ 大会ウェブサイト: http://www.comp.tmu.ac.jp/jshwrtmu/
ニュース投稿の方法
当サイトの登録ユーザーはだれでもニュースを投稿できます。投稿されたニュースはサイト管理者の承認を経て掲載されます。研究会の開催告知、各種の募集案内等に是非ご利用ください。
ユーザー登録をまだされていない方は、まず、当サイトホームページ右上の「登録者入口」をクリックし、ログイン画面の下の「今すぐ登録」を押して登録してください。この登録申請に対して管理者が承認することになっているので、メールアドレスは所属機関のものをお使いください。架空のアドレスによる不正登録を防ぐためにご協力をお願いします。
なお、「登録者入口」をクリックしたあとに、セキュリティに関する警告が出ますが、問題ないのでそのまま進んでください。
「福島第一原発における凍土遮水壁設置にかかわる意見書」
「福島第一原発における凍土遮水壁設置にかかわる意見書」が水文・水資源学会会長あて届きました。
放射性物質の地下水汚染に関する対策にはさまざまな見解があり得ますが、一時的な対策を超えた恒久的な対策が必要であると考えており、陸水学会からの意見書 「福島第一原発における凍土遮水壁設置にかかわる意見書」 をホームページに掲載させていただきたいと存じます。
電子投稿・審査システムの変更に関するお知らせ
水文・水資源学会誌への投稿・査読にご利用いただいている電子投稿システムが2011年9月27日より、新しいバージョン(J-STAGE3)に切り替わります。これにより
  • 2011年9月27日以降の新規論文投稿、審査は J-STAGE3
  • 2011年9月26日以前に投稿された論文の修正・審査は引き続きJ-STAGE2
上で、それぞれ行っていただくことになります。いずれのシステムにも、本WEBページの右側メニュー「水文・水資源学会誌」の欄の「電子投稿システム」クリックして、その先の説明にしたがってアクセスして下さい。

編集出版委員会
日本地球惑星科学連合(JPGU)への会員登録のお願い
日本地球惑星科学連合 (Japan Geoscience Union, JPGU) が一般社団法人として動き出しました。水文・水資源学会は2008年度、法人として JPGU に団体会員として参加し、「大気海洋・環境科学セクション」の一員となっています。JPGU の議決機関である社員総会は JPGU のメンバーである団体会員の学協会(水文・水資源学会も含まれる)と個人会員から選ばれる代議員から構成されています。2011年10月28日が代議員選挙の投票締め切りとなっています。ぜひ、それまでに会員登録をお済ませいただき、代議員選挙に投票いただきますようお願いいたします。 JpGU の設立経緯や本学会との関連は学会誌 22(4), pp. 328-331, 2009 を参照ください。

総務委員長 窪田順平
全般 : 2013土壌水分WSプログラム
投稿者: lu 投稿日時: 2013-11-14 0:36:00 (2100 ヒット)

2013土壌水分WSプログラム
- Program of Soil Moisture WS 2013 -

開催期日(Date):2013年12月21日(土) 午前9時05分 - 午後4時35分
(情報交換会[408号室]:午後5時30分- 午後7時30分)
9:05–12:00 (Room 408) and 13:00-16:35(Room 201), December 21 (Saturday), 2013 (After WS function: 17:30-19:30 at Room 408)

開催場所(Venue):キャンパスイノベーションセンター(東京工業大学田町キャンパスビル)408号室(広島大学東京オフイス会議室)・201号室(2F):<JR山手線田町駅前、http://www.hiroshima-u.ac.jp/liaison/access/index.html>
○9:00-12:00 [Room 408: Meeting room of the Hiroshima University Tokyo Office in Campus Innovation Center*]
○13:00-16:35 [Room 201 of Campus Innovation Center]
* Tamachi Campus Bld., Tokyo University of Technology <2 minuets walk from JR Tamachi>Station of Yamanote Line)
http://www.hiroshima-u.ac.jp/liaison/access/index.html]

使用言語(Language): 日本語(Japanese)/英語(English)

参加費(Registration fee):無料(Free) (発表者・共著者と大学院生・学部生)
その他の方で学生以外の参加者は資料集(当日配布)と論文集(後日送付)込みで有料となります(500円/人)。[情報交換会:事前申し込み要(2,000円/学生、3,000円/人)、希望者は事前に参加の旨を開發までメールで要連絡<kaihotu@hiroshima-u.ac.jp>;12/4まで]

主催:2013土壌水分ワークショップ実行委員会
[代表:開發一郎(広大)、小池俊雄(東大)、溝口 勝(東大)、田殿武雄(JAXA)]

後援:水文・水資源学会、土壌物理学会、GEOSS AWCI Drought Working Group
協力:JAXA、広島大学東京オフイス


受付(Registration)
9:05開始

開会挨拶(Before getting started)
9:20:-9:25

<セッション I 9:25–10:50(座長:開發一郎);408号室(Room 408)>
1. 9:25–9:45
モンゴルにおけるALOS/PALSARを用いた土壌水分推定に関する研究(Study of soil moisture estimation using ALOS/PALSAR in Mongolian plateau)  会田 健太郎(Kentaro AIDA: UTk)、小池 俊雄(Toshio KOIKE:UTk)、開發 一郎(Ichirow
KAIHOTSU:HrU)
2. 9:45-10:05
だいち2号(ALOS-2)の概要と衛星による水文パラメータ観測(Overview of 'Daichi-2' (ALOS-2) and Estimation of Hydrological Parameters by Satellite Remote Sensing) 田殿武雄(Takeo TADONO:JAXA)、島田政信(Masanobu SHIMADA:JAXA)

3. 10:05-10:25
中国山西省におけるAMSR-E土壌水分量の時空間変動と降水量およびNDVIの関係について
(The relationships among spatial-temporal variations of AMSR-E soil moisture,
precipitation and NDVI in Shanxi Province, China)
孫バイ(Mei SUN:CU)、近藤昭彦(Akihiko KONDOH:CU)、開發一郎(Ichirow KAIHOTSU:HrU)

4. 10:25-10:50 (招待講演:Invited)
GPR/SARによる土壌水分計測(Soil moisture measurement by GPR/SAR)
佐藤源之(Motoyuki SATO:ThU)、Christian KOYAMA (ThU)
休憩:10:50-11:00

<セッション II 11:00–12:00(座長:宮崎 真); 408号室(Room 408)>
5. 11:00-11:20
超音波風速計の顕熱輸送量から求めた熱収支式残余項としての蒸発量の評価 (Evaluation of evapotranspiration determined as a remainder of the energy balance
equation and sensible heat flux measured with a sonic anemometer)
登尾浩助(Kosuke NOBORIO:MjU)、James L. HEILMAN(MjU), Kevin J.McINNES(MjU)

6. 11:20-11:40
エントロピー最大法を用いた新しい表層土壌水分量予測モデル(仮題)(Novel soil water prediction model of surface layer with a parameter determined by maximum entropy principle)
筒井 亮(Ryo TUTUI: MeU)、清澤秀樹(Hideki KIYOSAWA: MeU)

7. 11:40-12:00
CLMを用いた土壌水分時空間変動の推定(Estimation of spatial and temporal variability of soil moisture using Community Land Model (CLM))
広瀬 望(Nozomu HIROSE:MCT)

昼食:12:00–13:00

<セッション III 13:00-14:20(座長:広瀬 望)、201号室(Room 201)>
8. 13:00-13:20
季節凍土域半乾燥草原における陸面過程モデルの再現性への土壌パラメータ
の影響(Impact of soil parameters on reproducibility of hydrological processes by land surface model in semiarid grassland of seasonal frost region) 宮崎 真(Shin MIYAZAKI: JAMSTEC)、萬 和明(Kazuaki YOROZU: KtU)、浅沼 順(Jun
ASANUMA:UTb)、近藤雅征(Masayuki KONDO:FkU)、斉藤和之(KazuyukiSAITO:JAMSTEC)
9. 13:20-13:40
陸面過程モデルにおける土壌水分データ同化の半乾燥地域への適用(Application of data
assimilation using in site soil moisture observation to land surface model in semi-arid
region)
萬 和明(Kazuaki YOROZU:KtU)、松宮謙治(Kenji MATSUMIYA:KtU)、立川康人(Yasuto
TACHIKAWA:KtU)、椎葉充晴(Michiharu SHIIBA:KtU)
10. 13:40-14:00
西アフリカ乾燥域におけるAMSR-E土壌水分プロダクトと陸面過程モデル解析値の比較(Comparison of Soil Moisture Derived from AMSR-E and Land Surface Modelin West African Arid Region) 小槻峻司(Shunji KOTSUKI:KtU)、田中賢治(Kenji TANAKA:KtU)
11. 14:00-14:20
数値解析による土壌中土壌水分の再分布に関する研究(Study on redistribution of soil water within a soil column based on numerical solution of Richards equation) 陸 旻皎(Minjiao LU:NUT)、広田洸平(Kouhei HIROTA:NUT)
休憩:14:20-14:30

<セッション IV 14:30-16:35:(座長:溝口 勝)、201号室(Room 201)>
12. 14:30-14:55(招待講演:Invited)
時間領域透過法(TDT)を利用した重粘土水田土壌の含水比・間隙比のモニタリング(Monitoring of water content and void ratio in a heavy clay soil using time domain
transmissiometry(TDT)) 宮本英揮(Hideki MIYAMOTO:SgU)、上村将彰(Masaaki UEMURA:SgU )

13. 14:55-15:15
ハノイ、タンロン皇城遺跡の土遺構の保存に関する調査研究(Study of conservation
Measures of the earthen remains of Thang Long Forbidden Citadel in Hanoi)
石武志(Takeshi ISHIZAKI: NRICPT Tokyo)、 脇谷草一郎(Soichiro WAKIYA:
NRICPT Nara)、青木繁夫(Shigeo AOKI:SbU)、溝口勝(Masaru MIZOGUCHI:UTk)

14. 15:15-15:35
陶管暗渠を用いた土壌水管理システムの機能検証(仮題)(Controlling soil moisture
Content of paddy fields used pipe drain, stand pipe and catch basin) 粟生田忠雄(Tadao AODA:NgU)、罍 実佳子(Mikako MOTAI NgU)

15. 15:35-15:55
Water use efficiency under drip irrigation and furrow irrigation systems
Qudratullah KAKAR(NgU) and Tadao AODA(NgU)
16. 15:55-16:15
Sensitivity Analysis on the Infiltration of Water into Unsaturated SoilSunny GOH (MjU) and Kosuke NOBORIO(MjU)

17. 16:15-16:35
Estimating the unsaturated hydraulic conductivity of Andisols using the evaporation method
Rudiyanto (MeU)、Nobuo TORIDE(MeU)、and Masaru SAKAI(MeU)
<ポスター発表セッション>
P1  AMSR2 L3 土壌水分プロダクツのモンゴル高原での検証(Evaluation of AMSR2 L3
soil moisture products on the Mongolian Plateau)
開發一郎(Ichirow KAIHOTSU:HrU)、藤井秀幸(Hideuki FUJII:UTk)、小池俊雄 (Toshio
KOIKE:UTk)、Dambaravjaa OYUNBAATAR(IMHE)、武藤太郎(Taro MUTOH:RESTEC)

Notes:CU(Chiba University)、HrU(Hiroshima University)、JAXA(Japan Aerospace Exploration Agency)、KtU(Kyoto University)、IMHE(Institute od Meteorology, Hydrology, and Environment, Mongolia)、MCT(Matsue College of Technology)、MjU(Meiji University)、MeU (Mie University)、NgU(Nigata University)、NRICPT(National Research Institute for Cultural Properties, Tokyo)、NUT(Nagaoka University of Technology)、RESTEC(Remote Sensing Technology Center of Japan), SbU(Syber University)、SgU (Saga University)、ThU(Tohoku University)、TtU(Tottori University)、UTo(The University of Tokyo)、UTs (University of Tsukuba)

印刷用ページ このニュースを友達に送る
投稿された内容の著作権はコメントの投稿者に帰属します。
English
登録者入口
マイページ
検索
学会の各委員会
若手会
水文・水資源学会誌
オンライン学会誌
Hydrological Research Letters
承認待ちコンテンツ
copyright (c) 2005 水文・水資源学会ホームページ All rights reserved.