メインメニュー
水文・水資源学会について
東日本大震災関連情報
このたびの大震災によって被災された東日本の皆様に心よりお見舞い申し上げます.

【水文・水資源学会の対応】
1.東日本大震災対応特設ホームページ: http://dbx.cr.chiba-u.jp/JSHWR/
新着リンク
水文・水資源学会2016年度総会・研究発表会のご案内
2016年度の総会・研究発表会が下記要領で開催されます.
多数の参加をお願い申し上げます.

■ 開催日時: 2016年9月15日(木)〜9月17日(土)
■ 開催場所: コラッセふくしま (福島駅前)
■ 大会ウェブサイト: http://kaigan.civil.tohoku.ac.jp/jshwr2016/
2016年度水文・水資源学会研究グループの募集
学会をより活性化させるための方策のひとつとして,研究調整委員会では研究グループ活動の支援を行っています.2000年5月9日版の「水文・水資源学会研究グループ支援策」(学会誌第29巻2号の会告(p.147)に再掲しています)に基づき,2016年度の研究グループの募集をいたします.下記の日程で募集し,9月の総会で審議される次年度の予算案にむけて開催する研究調整委員会で審議・検討を行う予定です.なお,申請にあたっては,上記の「支援策」をご参照ください.

■ 締め切り: 2016年5月31日(火)
■ 申請先 : 研究調整委員会委員長 中川 啓 宛に,申請書PDFファイルをEメールに添付して送信してください.ここをクリックすると直接送信できます.
■ 申請書式: ここをクリックして申請書式をダウンロードして申請してください.継続の場合も同様に申請してください.
■ 参 考 : 詳しくは,学会誌第29巻2号(2016年3月号)の会告(p.146)をご覧ください.
■ 問い合わせ先:研究調整委員会委員長 中川 啓(長崎大学 大学院 水産・環境科学総合研究科)
水文・水資源学会2015年度総会・研究発表会のご案内(2015/9/11終了)
2015年度の総会・研究発表会が下記要領で開催されました

■ 開催日時: 2015年9月9日(水)〜9月11日(金)
■ 開催場所: 首都大学東京 南大沢キャンパス 11号館
         (〒192-0397 東京都八王子市南大沢1-1)
■ 大会ウェブサイト: http://www.comp.tmu.ac.jp/jshwrtmu/
ニュース投稿の方法
当サイトの登録ユーザーはだれでもニュースを投稿できます。投稿されたニュースはサイト管理者の承認を経て掲載されます。研究会の開催告知、各種の募集案内等に是非ご利用ください。
ユーザー登録をまだされていない方は、まず、当サイトホームページ右上の「登録者入口」をクリックし、ログイン画面の下の「今すぐ登録」を押して登録してください。この登録申請に対して管理者が承認することになっているので、メールアドレスは所属機関のものをお使いください。架空のアドレスによる不正登録を防ぐためにご協力をお願いします。
なお、「登録者入口」をクリックしたあとに、セキュリティに関する警告が出ますが、問題ないのでそのまま進んでください。
「福島第一原発における凍土遮水壁設置にかかわる意見書」
「福島第一原発における凍土遮水壁設置にかかわる意見書」が水文・水資源学会会長あて届きました。
放射性物質の地下水汚染に関する対策にはさまざまな見解があり得ますが、一時的な対策を超えた恒久的な対策が必要であると考えており、陸水学会からの意見書 「福島第一原発における凍土遮水壁設置にかかわる意見書」 をホームページに掲載させていただきたいと存じます。
電子投稿・審査システムの変更に関するお知らせ
水文・水資源学会誌への投稿・査読にご利用いただいている電子投稿システムが2011年9月27日より、新しいバージョン(J-STAGE3)に切り替わります。これにより
  • 2011年9月27日以降の新規論文投稿、審査は J-STAGE3
  • 2011年9月26日以前に投稿された論文の修正・審査は引き続きJ-STAGE2
上で、それぞれ行っていただくことになります。いずれのシステムにも、本WEBページの右側メニュー「水文・水資源学会誌」の欄の「電子投稿システム」クリックして、その先の説明にしたがってアクセスして下さい。

編集出版委員会
日本地球惑星科学連合(JPGU)への会員登録のお願い
日本地球惑星科学連合 (Japan Geoscience Union, JPGU) が一般社団法人として動き出しました。水文・水資源学会は2008年度、法人として JPGU に団体会員として参加し、「大気海洋・環境科学セクション」の一員となっています。JPGU の議決機関である社員総会は JPGU のメンバーである団体会員の学協会(水文・水資源学会も含まれる)と個人会員から選ばれる代議員から構成されています。2011年10月28日が代議員選挙の投票締め切りとなっています。ぜひ、それまでに会員登録をお済ませいただき、代議員選挙に投票いただきますようお願いいたします。 JpGU の設立経緯や本学会との関連は学会誌 22(4), pp. 328-331, 2009 を参照ください。

総務委員長 窪田順平
全般 : ワークショップ「海洋遺伝資源のアクセスと利益配分のあり方」
投稿者: seto 投稿日時: 2015-10-23 17:55:56 (806 ヒット)

海洋生物資源は、地球最後の未開発生物資源として注目を浴びており、研究開発も盛んに行われています。海洋生物資源研究では、沿岸部を除き船舶を利用するプロジェクト形式で行われることが多くなっています。

国連海洋法条約では、国家管轄権内海域の海洋遺伝資源には主権的権利が及ぶことが規定されています。なおかつ、各国の生物多様性条約関連の国内法を制定している国では、排他的経済水域以内を生物多様性条約の規則が及ぶ範囲として規定しており、アクセスと利益配分規定に従うことを求めています。

一方、国家管轄権外海域(ABNJ)の遺伝資源の取り扱いは、現状では国際的な決まりはありませんが、国連海洋法条約及び生物多様性条約の2つのフォーラムが協力して検討しており、2016年の生物多様性条約締約国会議COP13への方針提案が議論されています。

日本は世界第6番目に広い排他的経済水域(EEZ)を持つ国であり、海洋遺伝資源を利用した研究が広く行われています。近年、海洋遺伝資源の取り扱いについて、国内の研究者から注目が集まり、議論が活発になっています。

このような背景をふまえ、本ワークショップでは、海洋遺伝資源のアクセスと利益配分のあり方について生物多様性条約の観点から議論します。

海洋遺伝資源のアクセスと利益配分について、海外、特にヨーロッパの取り組みを理解することは重要です。また、研究者あるいは研究機関と制度設計を行う関係者との間で、研究の現状と課題について意見交換を行い、要望を伝えることが必要となります。

本ワークショップが、海洋遺伝資源を取り扱う研究機関が名古屋議定書に準拠した自主的遵守制度を構築するためのきっかけとなるようにしたいと考えます。

【日時】2015年11月26日(木) 10:00-17:20(9:40開場)

【会場】政策研究大学院大学 想海樓ホール (東京港区六本木7-22-1)

【対象・定員】150名程度 動物・植物・微生物(遺伝資源/生物資源)を海外から取得して研究を行う学術機関に所属の研究者、その研究支援者(産学連携、知財、研究推進、URA等に所属の方)

【参加費】無料

【主催】国立遺伝学研究所ABS学術対策チーム

【申込方法】http://idenshigen.jp もしくは abs@nig.ac.jp(担当:榎本まで)

【内容】
1.開会  文部科学省ライフサイエンス課

2.プレナリーセッション(10:00-)
東京大学大気海洋研究所 津田 敦 所長
School of Science, University of Waikat Professor Chris Battershill

3.休憩

4.セッションI 日本の海洋遺伝資源利用研究の現状と課題(13:00-)
国立科学博物館動物研究部 中江 雅典 先生 
海洋研究開発機構高知コア研究所 肖 楠 先生
東京海洋大学 廣野 育生 先生

5.休憩

6.セッションII 海洋遺伝資源のABS制度のあり方(15:00-)
Founder and Director, eCOAST Marine Research Dr. Thomas Vanagt
水産大学校 最首 太郎 先生

7.休憩

8.パネルディスカッション

9.閉会 

印刷用ページ このニュースを友達に送る
投稿された内容の著作権はコメントの投稿者に帰属します。
English
登録者入口
マイページ
検索
学会の各委員会
若手会
水文・水資源学会誌
オンライン学会誌
Hydrological Research Letters
承認待ちコンテンツ
copyright (c) 2005 水文・水資源学会ホームページ All rights reserved.