メインメニュー
水文・水資源学会について
東日本大震災関連情報
このたびの大震災によって被災された東日本の皆様に心よりお見舞い申し上げます.

【水文・水資源学会の対応】
1.東日本大震災対応特設ホームページ: http://dbx.cr.chiba-u.jp/JSHWR/
新着リンク
水文・水資源学会2016年度総会・研究発表会のご案内
2016年度の総会・研究発表会が下記要領で開催されます.
多数の参加をお願い申し上げます.

■ 開催日時: 2016年9月15日(木)〜9月17日(土)
■ 開催場所: コラッセふくしま (福島駅前)
■ 大会ウェブサイト: http://kaigan.civil.tohoku.ac.jp/jshwr2016/
2016年度水文・水資源学会研究グループの募集
学会をより活性化させるための方策のひとつとして,研究調整委員会では研究グループ活動の支援を行っています.2000年5月9日版の「水文・水資源学会研究グループ支援策」(学会誌第29巻2号の会告(p.147)に再掲しています)に基づき,2016年度の研究グループの募集をいたします.下記の日程で募集し,9月の総会で審議される次年度の予算案にむけて開催する研究調整委員会で審議・検討を行う予定です.なお,申請にあたっては,上記の「支援策」をご参照ください.

■ 締め切り: 2016年5月31日(火)
■ 申請先 : 研究調整委員会委員長 中川 啓 宛に,申請書PDFファイルをEメールに添付して送信してください.ここをクリックすると直接送信できます.
■ 申請書式: ここをクリックして申請書式をダウンロードして申請してください.継続の場合も同様に申請してください.
■ 参 考 : 詳しくは,学会誌第29巻2号(2016年3月号)の会告(p.146)をご覧ください.
■ 問い合わせ先:研究調整委員会委員長 中川 啓(長崎大学 大学院 水産・環境科学総合研究科)
水文・水資源学会2015年度総会・研究発表会のご案内(2015/9/11終了)
2015年度の総会・研究発表会が下記要領で開催されました

■ 開催日時: 2015年9月9日(水)〜9月11日(金)
■ 開催場所: 首都大学東京 南大沢キャンパス 11号館
         (〒192-0397 東京都八王子市南大沢1-1)
■ 大会ウェブサイト: http://www.comp.tmu.ac.jp/jshwrtmu/
ニュース投稿の方法
当サイトの登録ユーザーはだれでもニュースを投稿できます。投稿されたニュースはサイト管理者の承認を経て掲載されます。研究会の開催告知、各種の募集案内等に是非ご利用ください。
ユーザー登録をまだされていない方は、まず、当サイトホームページ右上の「登録者入口」をクリックし、ログイン画面の下の「今すぐ登録」を押して登録してください。この登録申請に対して管理者が承認することになっているので、メールアドレスは所属機関のものをお使いください。架空のアドレスによる不正登録を防ぐためにご協力をお願いします。
なお、「登録者入口」をクリックしたあとに、セキュリティに関する警告が出ますが、問題ないのでそのまま進んでください。
「福島第一原発における凍土遮水壁設置にかかわる意見書」
「福島第一原発における凍土遮水壁設置にかかわる意見書」が水文・水資源学会会長あて届きました。
放射性物質の地下水汚染に関する対策にはさまざまな見解があり得ますが、一時的な対策を超えた恒久的な対策が必要であると考えており、陸水学会からの意見書 「福島第一原発における凍土遮水壁設置にかかわる意見書」 をホームページに掲載させていただきたいと存じます。
電子投稿・審査システムの変更に関するお知らせ
水文・水資源学会誌への投稿・査読にご利用いただいている電子投稿システムが2011年9月27日より、新しいバージョン(J-STAGE3)に切り替わります。これにより
  • 2011年9月27日以降の新規論文投稿、審査は J-STAGE3
  • 2011年9月26日以前に投稿された論文の修正・審査は引き続きJ-STAGE2
上で、それぞれ行っていただくことになります。いずれのシステムにも、本WEBページの右側メニュー「水文・水資源学会誌」の欄の「電子投稿システム」クリックして、その先の説明にしたがってアクセスして下さい。

編集出版委員会
日本地球惑星科学連合(JPGU)への会員登録のお願い
日本地球惑星科学連合 (Japan Geoscience Union, JPGU) が一般社団法人として動き出しました。水文・水資源学会は2008年度、法人として JPGU に団体会員として参加し、「大気海洋・環境科学セクション」の一員となっています。JPGU の議決機関である社員総会は JPGU のメンバーである団体会員の学協会(水文・水資源学会も含まれる)と個人会員から選ばれる代議員から構成されています。2011年10月28日が代議員選挙の投票締め切りとなっています。ぜひ、それまでに会員登録をお済ませいただき、代議員選挙に投票いただきますようお願いいたします。 JpGU の設立経緯や本学会との関連は学会誌 22(4), pp. 328-331, 2009 を参照ください。

総務委員長 窪田順平
投稿者: negusa 投稿日時: 2015-8-10 11:37:00 (953 ヒット)

和歌山大学システム工学部では,自然災害科学(地盤工学・水工学)に関連した分野の教育・研究を担当する助教(テニュアトラック教員)を公募いたします.

着任時期:平成28年4月1日

応募書類締切:平成27年9月30日(必着)

詳細は以下のホームページをご覧ください.

和歌山大学HP

http://www.wakayama-u.ac.jp/news/2015072700022/

JREC-IN

https://jrecin.jst.go.jp/seek/SeekJorDetail?fn=1&id=D115071453&ln_jor=0


投稿者: kotani 投稿日時: 2015-3-13 15:39:34 (1188 ヒット)

水文・水資源学会は、2014年度河川整備基金の助成を受けて2015年2月7日に「カリフォルニア極端降水シンポジウム」を開催しました。この国際シンポジウムは、カリフォルニアでの極端降水に関する科学的知見と最新の技術動向を理解し共有する長年に亘る取組みを、日本に紹介することを目的としています。当学会主催の国際シンポジウムは、2000年6月9日開催の「アメリカ水資源セミナー −カリフォルニアを例としてー」以来となります。



シンポジウム名称

カリフォルニア極端降水に関する国際シンポジウム

―大気河川災害に備えるための産官学間情報共有の取組み―

International Symposium on California Extreme Precipitation
Efforts to share scientific knowledge among private, government and academic sectors for preparing against atmospheric river-induced disasters



日時

2015年2月7日(土) 午後1時から5時まで


場所

AP東京八重洲通り13F(東京都中央区京橋1丁目10番7号)


講師

なぜ、複数分野を巻き込んだ極端降水に関するシンポジウムか?

Why a Symposium on Extreme Precipitation Involving Multiple Disciplines?

ゲイリー・エステス, 「カリフォルニア極端降水シンポジウム」創立主催者

Gary Estes, Founding Coordinator of “California Extreme Precipitation Symposium”



ダム及び堤防安全性評価研究を支援する仮想豪雨解析

Hypothetical Storm Analysis in Support of Dam and Levee Safety studies

マシュー・フレミング, P.E., 米国陸軍工兵隊水文技術センター(HEC)水理水文技術部長

Matthew Flemming, P.E., Chief, Hydrology and Hydraulics Technology Division, Hydrologic Engineering Center (HEC), U.S. Army Corps of Engineers



定員

180名


主催

水文・水資源学会、京都大学防災研究所防災公共政策(国土技術研究センター)研究分野


後援

建設コンサルタンツ協会、カリフォルニア極端降水シンポジウム



投稿者: kotani 投稿日時: 2015-3-13 15:36:16 (1407 ヒット)

シンポジウム「神宮の森と東京オリンピック2020を考える」
 東京の誇りとする珠玉の森とオリンピックの調和を目指して水と緑の東京へ [渋谷川・玉川上水余水吐けの再生]



東京オリンピックの開催を目前に控えた今だからこその課題が散見されるようになってきており、これに対して学術的に如何に対応していくべきか具体的な検討を行うためのシンポジウムです。

水に係る研究者としてオリンピックまでの道筋を見出す必要がありますので、お時間のある皆さんはぜひご臨席頂き、討論に参加頂ければと思います。水文・水資源学会は本シンポジウムの後援をしています。



日時: 2015年2月20日(金)13:30〜17:00

場所: 日本学術会議講堂(東京都港区六本木7丁目22−34)

主催: 日本学術会議環境学委員会 都市と自然と環境分科会


案内及びプログラムの詳細はポスターをご覧ください。


お申し込みは、中央大学 理工学部 都市環境学科 山田研究室(Mail:hyd-lab@civil.chuo-u.ac.jp)にメールでお申し込み下さい。

シンポジウムに関するお問い合わせは、中央大学 理工学部 人間総合理工学科 環境デザイン研究室(TEL・FAX:03-3817-7268)にご連絡下さい。


投稿者: lu 投稿日時: 2014-10-11 13:56:23 (1500 ヒット)

当サイトの登録ユーザーはだれでもニュースを投稿できます。投稿されたニュースはサイト管理者の承認を経て掲載されます。研究会の開催告知、各種の募集案内等に是非ご利用ください。

ユーザー登録をまだされていない方は、まず、当サイトホームページ右上の「登録者入口」をクリックし、ログイン画面の下の「今すぐ登録」を押して登録してください。この登録申請に対して管理者が承認することになっているので、メールアドレスは所属機関のものをお使いください。架空のアドレスによる不正登録を防ぐためにご協力をお願いします。

なお、「登録者入口」をクリックしたあとに、セキュリティに関する警告が出ますが、問題ないのでそのまま進んでください。


投稿者: airies 投稿日時: 2014-10-6 10:28:24 (1387 ヒット)

平成26年度環境研究総合推進費研究成果発表会の開催について(お知らせ)



 環境省は、平成26年10月16日(木)、平成26年度環境研究総合推進費研究成果発表会を開催いたします。
 本発表会は、環境保全に資することを目的とした政策貢献型の競争的研究資金である環境研究総合推進費により実施され、平成25年度に終了した研究課題98件のうち、国民の皆様にわかりやすく、かつ、国民の皆様の関心も高いと考えられる6課題を選んで、その研究成果の発表を行うものです。
環境研究の最前線に関心をお持ちの皆様、研究成果の活用を検討されている自治体・企業の皆様、環境研究総合推進費への応募をお考えの研究者の皆様など、幅広い方々の御参加をお待ちしております。

1.日時
平成26年10月16日(木)13:00〜16:30

2.場所
都道府県会館 1階 101大会議室
東京都千代田区平河町2−6−3 

3.発表プログラム

13:00〜13:10 開会
13:10〜13:40 伝統的知識を活かした持続可能なアジア農村社会づくり
(武内和彦:東京大学国際高等研究所 サステイナビリティ学連携 研究機構長)
13:40〜14:10 低炭素でいつまでも暮らしていけるまち
    −街区群−をデザインする方法
(加藤博和:名古屋大学大学院環境学研究科 准教授)
14:10〜14:40 日本の人工衛星「いぶき」で、温室効果ガスを高精度にはかる
(森野 勇:(独)国立環境研究所 地球環境研究センター 衛星観測研究室 主任研究員)
14:40〜14:55 休憩
14:55〜15:25 畑作残渣からバイオエタノールを作る
−有用物質の共生産によるコスト削減−
(北口敏弘:(地独)北海道立総合研究機構 産業技術研究本部ものづくり支援センター 工業技術支援グループ主査)
15:25〜15:55 国立公園がニホンジカの密集地帯?
    −シカの生態系への影響把握、季節移動の解明、そして個体数調整に向けて−
(吉田剛司:酪農学園大学 農食環境学群 教授)
15:55〜16:25 残留性有機フッ素化合物を用いて海洋大循環を探る
(山下信義:(独)産業技術総合研究所 環境管理技術研究部門 上級主任研究員)
16:25〜16:30 閉会


4.参加の申込方法
申込書に必要事項(お名前、ご所属、連絡先)をご記入のうえ、下記申込先まで電子メール又はFAXにてお申し込み願います。参加費は無料です。
お申し込みが多数の場合には、ご参加いただけない場合がありますので、あらかじめ御了承ください。

(申込先)
一般社団法人 国際環境研究協会
FAX:03-5812-2106  E-mail:seika@airies.or.jp  (お問合せTEL:03-5812-2105)
※取得した個人情報は、本成果発表会の当日受付用のリスト作成に利用し、この目的以外で利用することはありません。

5.その他
発表の様子をビデオ撮影し、後日、環境省HPで公表する予定です。
また、簡単なアンケートを実施いたしますので、ご協力をお願いいたします。


投稿者: tebakari 投稿日時: 2012-3-6 8:56:01 (3123 ヒット)

韓国水資源協会より年次総会への招待が届きました。
参加を希望される会員は国際委員長までご連絡ください。
なお、若手研究者を対象とした旅費支給制度もありますので、希望者は合わせてご相談ください。


日時:2012年5月17-18日
場所:Kangwon land convention center


国際委員長 吉谷純一
国土交通省国土技術政策総合研究所 河川研究部 流域管理研究官
〒305-0804 茨城県つくば市旭1
Tel.029-864-2211(代)


投稿者: tachikawa 投稿日時: 2011-8-8 19:39:26 (3320 ヒット)

CommonMPの新しいバージョン Ver1.1をリリースしました。Ver1.0よりも大幅に使いやすくなっています。また、Ver1.0で作成したプロジェクトも移行できます。

http://framework.nilim.go.jp/news-link/110804.html

【主な改良点】
・プロジェクトのポータビリティの改善
 プロジェクト(データファイルを含む)を他のPCに移行しやすくしました。
・エラートレースの容易化
 実行時エラーの発生場所を示す機能がつきました。
・要素モデルのパラメータの一覧表示・編集機能がつきました。
・サブウィンドウ配置の見直し等により、操作性を改善しました。

【その他】
・Ver1.0用の要素モデルはそのまま使えます。
・Ver1.0で作成したプロジェクトの移行ツールを用意しました。


投稿者: tebakari 投稿日時: 2011-3-16 17:55:34 (3334 ヒット)

水文・水資源学会は韓国水資源学会と協力協定を締結し、年次集会の国際セッションに相互参加することになっています。
韓国水資源学会から2011年の年次集会への参加要請が来ました。その概要は以下の通りです。

日時:2011年5月19-20日
場所:Daegu convention center (http://www.excodaegu.co.kr/), in Daegu
参加者登録期限:2011年4月1日
論文提出締切:2011年4月25日

水文・水資源学会団員として上記の年次集会へ参加希望者は、国際委員長 吉谷純一までご一報下さい。
渡航費用等は自費となりますが、水文・水資源学会若手会員派遣プログラムを利用できる場合もあります。


投稿者: y-suzuki 投稿日時: 2010-10-20 21:12:08 (2556 ヒット)

水文・水資源学会 会員各位

日本学術会議より、「科学技術に関する基本政策について」のパブリックコメントの受け付けが開始(平成22 年10 月18 日(月)〜平成22 年11 月8日(月))の連絡がありましたので、お知らせします。
                                  総務委員長 窪田 順平

-----------------------

日本学術会議会員・連携会員 各位
日本学術会議協力学術研究団体 各位


 「科学技術に関する基本政策について」のパブリックコメントについて


 総合科学技術会議では、現在、平成23年度からの新たな第4期科学技術基本計画の策定に向けて検討を進めており、本年12月に答申を予定しています。
 このたび、答申に向けて「科学技術に関する基本政策について」が取りまとめられ、10月18日(月)よりパブリックコメントが開始されましたので、その旨お知らせさせていただきます。なお、締切りは、11月8日(月)とされています。

 本パブリックコメントの詳細、意見提出様式等につきましては、以下のウェブサイトに掲載されておりますので、御意見等は、以下のウェブサイトから、直接内閣府(科学技術政策・イノベーション担当)あてに御提出いただきますようお願いいたします。

パブリックコメントのウェブサイト
 http://www8.cao.go.jp/cstp/pubcomme/index.html


投稿者: y-suzuki 投稿日時: 2010-10-9 16:07:27 (2331 ヒット)

水文・水資源学会 会員各位

既にご存じかとは思いますが、「元気な日本復活特別枠」に対するパブリックコメントの受け付けが開始されていますので、お知らせします。9月28日から始まっております。締め切りは10月19日午後5時です。

本件に関しては、下記の日本学術会議よりの依頼のほか、日本地球惑星科学連合、地理学連携機構などからも同様の趣旨の依頼が来ています。

                                  総務委員長 窪田 順平

■-----------------------------------------------------------------------
 緊急連絡「元気な日本復活特別枠」のパブリックコメントにつきまして
------------------------------------------------------------------------■

                                   平成22年9月30日

会員・連携会員各位
協力学術研究団体代表者各位

                                     日本学術会議会長 
                                      金 澤 一 郎

   緊急連絡「元気な日本復活特別枠」のパブリックコメントにつきまして

 皆様におかれましては、日々ご清祥のこととお慶び申し上げます。
 さて、政府の平成23年度予算概算要求につきましては、標記「元気な日本復活特別枠」が設けられ、この特別枠に対する各府省の要望事業に対する、国民からのパブリックコメントの受け付けが9月28日(火)から開始されました。締切りは10月19日(火)午後5時までとされております。
 日本学術会議では、本年4月に、「日本の展望―学術からの提言2010」を取りまとめ、我が国の学術と社会が目指すべき方向について、幅広い提言を行いました。今回の特別枠に対する各府省の要望事業には、学術研究や大学教育に関するものなど、日本の展望で提言したことに関わるものも含まれており、日本の科学者コミュニティを構成する一人一人が、積極的に意見を送ることが重要であると考えます。
 具体的には、首相官邸の以下のウェブサイトにアクセスして下さい。そして、「分野別」もしくは「府省別」に、関連する要望事業をご確認下さい。「府省別」で要望事業をご確認いただく場合は、さらに「要望事業一覧を見る」をクリックして頂くことにより、御意見を入力することが可能になります。お一人で意見を付すことができる事業の数に制限はありません。

      官邸ウェブサイト http://seisakucontest.kantei.go.jp/

 意見を入力するためには、ユーザー登録を行い氏名等を入力して頂く等の手続きが必要です。皆様大変お忙しい中、お手数とは存じますが、今回のパブリックコメントが、今後の学術研究や大学教育等に重要な影響を与えることも考えられますところ、できるだけ多くの方が御意見を送信いただきますとともに、このニュースメールを、広くお知り合いの方にも転送いただきますことを御期待申し上げます。(協力学術研究団体の皆様におかれましては、このニュースメールを、所属する会員の皆様に周知いただきますとともに、各団体のウェブサイトにおきましても掲示をいただけましたら、大変幸甚に存じます。)

 どうぞよろしくお願い申し上げます。


« 1 2 (3) 4 5 6 »
English
登録者入口
マイページ
検索
学会の各委員会
若手会
水文・水資源学会誌
オンライン学会誌
Hydrological Research Letters
承認待ちコンテンツ
copyright (c) 2005 水文・水資源学会ホームページ All rights reserved.