本学会主催「カリフォルニア極端降水に関する国際シンポジウム」(2015/02/07終了)

投稿日時 2015-3-13 15:39:34 | トピック: 全般

水文・水資源学会は、2014年度河川整備基金の助成を受けて2015年2月7日に「カリフォルニア極端降水シンポジウム」を開催しました。この国際シンポジウムは、カリフォルニアでの極端降水に関する科学的知見と最新の技術動向を理解し共有する長年に亘る取組みを、日本に紹介することを目的としています。当学会主催の国際シンポジウムは、2000年6月9日開催の「アメリカ水資源セミナー −カリフォルニアを例としてー」以来となります。



シンポジウム名称

カリフォルニア極端降水に関する国際シンポジウム

―大気河川災害に備えるための産官学間情報共有の取組み―

International Symposium on California Extreme Precipitation
Efforts to share scientific knowledge among private, government and academic sectors for preparing against atmospheric river-induced disasters



日時

2015年2月7日(土) 午後1時から5時まで


場所

AP東京八重洲通り13F(東京都中央区京橋1丁目10番7号)


講師

なぜ、複数分野を巻き込んだ極端降水に関するシンポジウムか?

Why a Symposium on Extreme Precipitation Involving Multiple Disciplines?

ゲイリー・エステス, 「カリフォルニア極端降水シンポジウム」創立主催者

Gary Estes, Founding Coordinator of “California Extreme Precipitation Symposium”



ダム及び堤防安全性評価研究を支援する仮想豪雨解析

Hypothetical Storm Analysis in Support of Dam and Levee Safety studies

マシュー・フレミング, P.E., 米国陸軍工兵隊水文技術センター(HEC)水理水文技術部長

Matthew Flemming, P.E., Chief, Hydrology and Hydraulics Technology Division, Hydrologic Engineering Center (HEC), U.S. Army Corps of Engineers



定員

180名


主催

水文・水資源学会、京都大学防災研究所防災公共政策(国土技術研究センター)研究分野


後援

建設コンサルタンツ協会、カリフォルニア極端降水シンポジウム





水文・水資源学会ホームページにて更に多くのニュース記事をよむことができます
http://www.jshwr.org/oldpages

このニュース記事が掲載されているURL:
http://www.jshwr.org/oldpages/article.php?storyid=186