日本水文科学会 公開シンポジウム 「同位体マッピング研究の最前線 −降水の時空間ラベルの高精度化に向けて−」開催のお知らせ

投稿日時 2015-9-23 18:23:48 | トピック: 全般

日時: 
10月11日(日) 9:30〜12:30 講演および総合討論
13:30〜14:30 ポスター発表,一般公開企画

大会会場:
国立研究開発法人 産業技術総合研究所 つくば中央第一 共用講堂
http://www.aist.go.jp/aist_j/guidemap/tsukuba/center/tsukuba_map_c.html

コンビーナー:
一柳錦平(熊本大学)・宮下雄次(神奈川県温泉地学研究所)・藪崎志穂(福島大学)

プログラム
司会 宮下雄次(神奈川温地研)
9:30〜9:35 趣旨説明       ○一柳錦平(熊本大)

【講演】
9:35〜10:00 S1 1980〜1983年に実施した天然水安定同位体組成の研究
○早稲田 周(石油資源開発株式会社)
10:00〜10:25 S2(1)同位体マッピングワーキンググループ(Isotope Mapping Working Group: IMWG)による2013年集中観測の結果
○一柳錦平(熊本大)・田上雅浩(東京大)
S2(2)2013 年冬季日本における降水のd-excess と起源との関係
○田上雅浩(東京大)・一柳錦平(熊本大)
10:25〜10:40 S3 降水の安定同位体の長期観測結果から得られた知見
−関東,中部,東北地方の観測事例−    ○藪崎志穂(福島大)
10:40〜10:55 S4 中部山岳地域における降水同位体マッピング
○山中 勤(筑波大)・鈴木啓助(信州大)・脇山義史(福島大)・岸 和央・
牧野裕紀・丸山浩輔・加納正也・馬 文超・正木大祐・杉山昌典・
山川陽祐(筑波大)・西井綾子(土木研究所)・吉竹晋平(岐阜大)
10:55〜11:05 休 憩
11:05〜11:25 S5 レーザー分光装置を使った水蒸気同位体のラグランジュ的観測
○栗田直幸(名古屋大)
11:25〜11:45 S6 水同位体情報データ同化による気候再解析の可能性
○芳村 圭(東京大)
11:45〜12:05 S7 水の安定同位体比分析による食品の産地判別技術の開発
○鈴木彌生子(農研機構・食総研)

12:05〜12:15 コメンテーター ○田瀬則雄(筑波大・名誉教授)
12:15〜12:30 総合討論

【ポスター発表】 コアタイム(13:30〜14:30)
SP1 箱根山における降水同位体比の時空間分布
○宮下雄次(神奈川温地研)・鈴木秀和(駒澤大)
SP2 ナミビア北中部の季節湿地域における降水の安定同位体組成
○檜山哲哉(名古屋大)・Jack R. KAMBATUKU(ナミビア大学)・
浅井和由(地球科学研究所)・藤岡悠一郎(東北大)・飯嶋盛雄(近畿大)


* 本シンポジウムは,2015年度日本水文科学会学術大会の3日目(10/11)に行われます.
詳細は,http://www.suimon.sakura.ne.jp/2015/08/new2015-2.html をご覧ください.
* 本シンポジウムは,無料で参加できます.



水文・水資源学会ホームページにて更に多くのニュース記事をよむことができます
http://www.jshwr.org/oldpages

このニュース記事が掲載されているURL:
http://www.jshwr.org/oldpages/article.php?storyid=195